FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本を読んだら、自分を読め

【本を読んだら、自分を読め】

著:小飼 弾


読み終わりました!



自分にとっての読書に対する姿勢や価値観などが
大きく変わった気がします。


全体を通してみると、極端な発想や言い回し
それはちょっとと思う部分も多分にあるんですが
伝えたい事を極端に表す手法なのか…
素直な気持ちなのかは分からないですね。


ですがその分、大いに共感出来る部分などもありました。


僕の好きな、ホリエモン著の本では変態的な天才扱いされてましたが…
やはり物凄く頭の良い方なんだと感じました。
(現ライブドア 元オン・ザ・エッヂのCTO)


なんと著者は中卒→大検取得→バークレー校(アメリカ)

ん~。しかも中卒の理由が低レベルな学校の授業を
受ける気がしなかった…。


僕とは天と地ほどかけ離れた存在に感じます…






ですが……!!


自分自身へのメモ要素も含め、気になったフレーズや
考え方を抜粋しようかと思う!


--------------------------
【本は君を救ってはくれない。けれども本を読むことで
               自分を救う自分になれる】




これは、この本を通して著者が一番伝えたいフレーズと共に
この本の軸になっている。


確かに、僕も日頃読書を心掛けているが…
選ぶ本や手に取る本に対して


自分自身の救済や、成長に対する糸口を常に意識しすぎていると感じた。

・この本を読めば成功への糸口があるのだろう…とか
・もしかしたら、自分の価値観を180度変えてくれるかも…など



そんな期待を少しでもしなきゃ買わないよ!!



と、少し考えてはみたが…


著者曰く、【自分自身を救う力=立ち直る力】だと




これは、凄く納得した。


自分自身の将来への漠然とした不安を抱え生きている
僕だからこそなのかも知れないが…


結局のところ、周りや本などの物質に過剰な期待をするのではなく



あくまで、自分自身の成長を手助けしてくれる
ツール=本なのであろう。



これからも、漠然とした不安を抱えながら生きていくだろうし
時間を見つけては、自己投資として読書をしていくつもりだ。




だけど、その読書をするという事に対しての
意識変化は凄くもたらしてくれたと思う。
(もちろん良い意味で)



初めて、読書した本に対する感想をBLOGに書きました。
支離滅裂な表現や・誤解を招く表記等ありましたらすいません。


今後、読んだ本は少しずつBLOGに感想を書こうと思います。



拙い文章にお付き合いありがとうございました。
スポンサーサイト
プロフィール

銀蔵

Author:銀蔵
東京都在住 27歳
飲食店・広告代理店などを経験しております。
将来は起業を目指し、日々努力中

最新記事でございます。
カテゴリ
おすすめサイト
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
BLOGランキング
宜しければ応援してね
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。